パオ やりすぎ

パオのやりすぎはNG気を付けて!!

パオのやりすぎはNG気を付けて!!

パオ やりすぎ

 

パオを沢山やれば小顔になれるんだ!!」なんて思って1日に何回もパオをやりすぎるのはやめてくださいね。

 

こういうのって1日沢山やれば早く効果がでると思っている人も多いと思いますが、そうではないんです。

 

その理由についてこの記事では解説していますので、参考にしてくださいね。

 

やりすぎがいけない理由

 

パオ やりすぎ

 

そもそもパオは咥えることによっておおきな負荷がかかるように設計されています。

 

つまり大きな負荷があるのに1日たくさんする必要がないのです。

 

1日30秒のトレーニングで多くの人が「顔が痩せた!!」「表情筋が鍛えられた!!」と納得の結果が多いのも事実ですからね。^^

 

忙しい人のために1日30秒のトレーニングで効果が出るような名目で売られているのを忘れないでください。

 

パオをやりすぎると唇が切れる?

 

パオ やりすぎ

 

パオを1日にやりすぎた人たちの口コミで多いのが“唇が切れた”です。

 

正直もしあなたもパオをやっていて唇が切れたとか痛いとかあるのなら、一旦様子をみてしばらくパオを中断してくださいね。

 

それくらいやりすぎるというのは危険なのです。

 

やりすぎったって効果がでませんからね。

 

1日30秒のトレーニングで十分です。管理人はそれで高い効果を実感していますからね^^

 

結局は1日30秒やることを習慣づけるのがコツです

 

パオ やりすぎ

 

もしあなたが「早く小顔になりたい」とか「口角をあげたい」「ほうれい線をなくしたい」など思っていてもやりすぎないでくださいね。

 

1日30秒のトレーニングを1回するのを習慣づけてくださいね。

 

その方が早いです。おおくても1日2回のトレーニングがいいでしょう。

 

まとめ

 

パオ やりすぎ

 

パオは正しいやり方、正しい回数でしっかりトレーニングすることで高い効果を実感できると思います。

 

ですので、仮に早く効果を実感したいからといって焦ってやりすぎるのはしないでくださいね。

 

そのことにだけ注意したら変わっていく自分にニヤニヤする日も近いでしょう。